タグ:Rollei Retro 80S ( 34 ) タグの人気記事

ASTRO-BERLIN Pictorial Tacher 75mm

c0167369_1154832.jpg







 
[PR]
by K_Mutori | 2014-01-22 01:17 | PictorialTachar 75mm

晩秋II

c0167369_2254350.jpg

[PR]
by K_Mutori | 2013-12-17 02:27 | B&R Raytar 100mm

晩秋

c0167369_0574081.jpg

あっという間に秋も過ぎ、もはや冬の様相です。
光にも憂愁が混じるこの季節は、モノクロームになってもどこか寂しく
寂びた雰囲気を持つものです。







[PR]
by K_Mutori | 2013-12-11 01:42 | ZEISS Biotar 7.5cm

gargoyle.

c0167369_1355691.jpg

学び舎に悪鬼の近づかないよう守るのが、この眼を見開き恐ろしい形相をした
ガーゴイル達の役目です。
そういえば、日本では4つの眼を持ち、獣の革をかぶった恐ろしい形相の方相氏が
追儺(ついな)の儀式を受け持ちました。

"眼"というのは古来より、どこか恐ろしく忌諱されるものとして、
またその反転の守神として信仰されてきたもの。
写真に使われるレンズも、工業製品という制御された枠組みを超えて、
どこかそういった対象と同一視される点があるように思えるのです。








 

 
[PR]
by K_Mutori | 2013-12-02 01:37 | Pan Tacher 125mm

秋景

c0167369_1531022.jpg

紅葉した木々の葉は、モノクロームではとても結晶質な、
透明な葉の様に描かれます。

そんな結晶を透して差す日は、それはそれは透明で
1年で最も澄んだ光となります。





 
[PR]
by K_Mutori | 2013-11-30 01:53 | ZEISS Biotar 7.5cm

ASTRO-BERLIN Pictrial Tacher 75mm/f1.8

c0167369_1263872.jpg







[PR]
by K_Mutori | 2013-11-26 01:31 | PictorialTachar 75mm

ASTRO-BERLIN Pan-Tacher 125mm/f2.5

c0167369_231748.jpg

ASTRO-BERLIN社は日本ではまだあまり馴染みの無いメーカーの様ですが、
映画用のレンズを中心に多種多様なラインナップを展開していた
戦前、戦後にかけての一大光学メーカーです。

中でも特に有名な看板レンズがこの"Pan-Tacher"シリーズ。
主にF1.8のラインとF2.3のラインが有り、少ない構成枚数で納得の描写。
中心解像力がぐっと高く、回りを少し引っ張る様な力強い描写のレンズが多い
パワフルな描写傾向のメーカーという印象です。

上の写真でも、時計台の窓の陰影まですきっと描写してくれました。
アストロ・ベルリンという少々古風な名前にも、
往時の宇宙や科学への幻想が垣間見えるようで、趣深いものです。

タッカーシリーズには他にもガウス・タッカーや
魅力的な名前のピクトリアル・タッカーなんていうレンズも存在していました。
マウントもエキザクタやライカマウントなど多種多様に存在するので
全容が掴み難いメーカーですが、個人的にはKinoptikと並んで興味深い光学メーカーだと思います。





[PR]
by K_Mutori | 2013-11-22 02:03 | Pan Tacher 125mm

Zeiss Biotar 7.5cm/f1.5

c0167369_1525863.jpg

Carl Zeiss社の設計した、戦前のノンコーティング・ビオターのエキザクタマウント。
真鍮に分厚いクロムメッキのかかった、素晴らしく良い造りで重いレンズです。

戦前としてはかなり明るいF1.5で、さすがビオター安定した描写かと思っていましたが…
あれれ?どうやら結構なクセのあるレンズの様です。

前後に渦を巻く様に流れ、フレアもかかりますがピント面はシャープ。
これ位早い時期のBiotarの方が、個人的には好みかもしれません。
後期になるにつれて、すこし理知的になっていく印象。

この描写は嬉しい誤算で、さっそくプリントしてみるのが楽しみです。



 
[PR]
by K_Mutori | 2013-11-21 01:59 | ZEISS Biotar 7.5cm

Ernostar 10.5cm / f1.8

c0167369_0513463.jpg


大柄でも、極めてしっかりとした線を持つエルノスター。
ゾナーに受け継がれて行くこの描写は、メルテ博士の
自然科学的ヴィジョンまで伝わる真っすぐな描写です。

被写界深度も驚く程薄いですから、浮かび上がる様な
大判写真の様な描写も期待出来そうです。

エルネマンの星の、その描写。





 
[PR]
by K_Mutori | 2013-10-14 00:58 | 写真機とレンズ

Tessar 5cm/f3.5

c0167369_1454883.jpg


被写体を静かに静かに写すレンズ。
80年の時を経ても失わない輝きがあります。


  
[PR]
by K_Mutori | 2013-10-13 01:59 | 写真機とレンズ

モノクロームメインでの写真Blogです。


by k_Mutori

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
写真:夜と夜の旅
写真:博物誌
写真:7つの鳥篭
写真:西方遍歴
写真:未萌の庭から
暗室作業
写真機とレンズ
光学夜話
オブジェ志向
日々の徒然
展示とイベント
Botanical Garden.
ZEISS Biotar 7.5cm
Pan Tacher 125mm
ZEISS Topogon 25mm
PictorialTachar 75mm
B&R Raytar 100mm
Goerz Photomaton 3in
Xenon 80mm/f2.0
未分類

タグ

(60)
(51)
(50)
(48)
(34)
(14)
(13)
(12)
(12)
(8)

その他のジャンル