タグ:Tri-X400 ( 60 ) タグの人気記事

Elmar 50mm f3.5

c0167369_2581317.jpg

昨夜の"旧エルマー"の描写です。硝子の製造元の違いはともかく、このレンズの描写にはいつも驚かされてしまいます。
精密細緻にして落ち着いたトーンは今見ても十二分に魅力的。
今回はISO400を使用しましたが、より低い感度の繊細なフィルムを用いれば
また異なる一面を見せてくれます。







 
[PR]
by K_Mutori | 2014-01-06 03:02

Dusk město III

c0167369_002879.jpg

プラハ城は市街の中心からヴルダヴァ河を隔てて対岸に、
その黒く重みのある肢体を横たえています。

城へ続く石畳は、それぞれが物語を含んだような
暗く、じっとつぐんだ古い時代の重さというものを感じさせ
降る雨にのまとわる様な湿気に嫌気がさした時に
急にぽかりと、壇上の電燈が灯ったのでした。












 
[PR]
by K_Mutori | 2013-07-16 00:22 | 写真:夜と夜の旅

Dusk město II

c0167369_042260.jpg











   
[PR]
by K_Mutori | 2013-06-26 00:05 | 写真:未萌の庭から

Dusk město I

c0167369_1341389.jpg

夕暮れの街、Praha。

夏のこの時期は夜の8時頃から徐々に日が陰ってきます。
日差しの下では少し出来過ぎの感すらある中央街ですが、夕闇に沈み、
街灯が主役を務める時間帯には石畳の1つ1つ、時代を刻む壁面の疵の
1つ1つが雄弁に語り始めます。

暗がりの中から、どこか別の世界への扉が開く夕闇に沈む街には、
怖くも誘惑的な"街に秘匿された何か"が
顔を覗かせている気すらするのです。






   
[PR]
by K_Mutori | 2013-06-25 01:37 | 写真:西方遍歴

夕景V

c0167369_2152454.jpg









 
[PR]
by K_Mutori | 2013-03-17 02:16 | 写真機とレンズ

夕景II

c0167369_21153038.jpg







  
[PR]
by K_Mutori | 2013-03-10 21:16 | 写真:夜と夜の旅

夕景

c0167369_1161377.jpg






 
[PR]
by K_Mutori | 2013-03-08 01:19 | 写真:博物誌

Summilux 35mm/f1.4

c0167369_1315612.jpg

常用のライカレンズに明るい玉の無いのが気になっていた所によいお話があったので、つい手にしてしまいました『Summilux35mm/f1.4 1st』。実際に使用していたのは第2世代まででしたから、初代は少し憧れがありました。
しかし目の覚める様なコントラスト!
普段ノンコートレンズが多いだけにネガからして驚きです!

クセ玉として有名ですが、光線状態を見れば開放でもここまでシャープなレンズです。
光の乏しい中での撮影では、大いに活躍してくれる事でしょう!期待しています。







  
[PR]
by K_Mutori | 2013-03-07 01:40 | 写真機とレンズ

石の庭

c0167369_1942.jpg

ベルリンの博物館島、"Museumsinsel"。
泥の中州に造られた、壮麗と重厚の織りなす島。







 
[PR]
by K_Mutori | 2012-11-28 01:19 | 写真:未萌の庭から

Cafeにて

c0167369_213836.jpg

[PR]
by K_Mutori | 2012-05-31 02:13 | オブジェ志向

モノクロームメインでの写真Blogです。


by k_Mutori

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
写真:夜と夜の旅
写真:博物誌
写真:7つの鳥篭
写真:西方遍歴
写真:未萌の庭から
暗室作業
写真機とレンズ
光学夜話
オブジェ志向
日々の徒然
展示とイベント
Botanical Garden.
ZEISS Biotar 7.5cm
Pan Tacher 125mm
ZEISS Topogon 25mm
PictorialTachar 75mm
B&R Raytar 100mm
Goerz Photomaton 3in
Xenon 80mm/f2.0
未分類

タグ

(60)
(51)
(50)
(48)
(34)
(14)
(13)
(12)
(12)
(8)

その他のジャンル