物質の夢 I

c0167369_16315764.jpg

崩落していく時間の鉱物的写し画、木々の枝葉を辷り滴落する光の美しさ。
多くの時間を含み、ゆっくりとその構造を失してゆく建築物。

幾度の月の光をその中に秘め、その煉瓦はさらに重く、さらに脆く、
斜陽の日差しの中にうかんでいました。


『物質とは、重力場の揺らぎに過ぎないのかもしれない。』


つかの間の物質の夢。
   
[PR]
by K_Mutori | 2012-01-17 15:42 | 写真:博物誌

モノクロームメインでの写真Blogです。


by k_Mutori

プロフィールを見る